リサイクル•リユースフロー

日本ではまだ商品として価値がある物も再販が出来ずに不用になり、処分費をかけて廃棄しています。しかし、日本で不用な物が新興国ではまだまだ需要があります。
輸出ステーションでは、それらの商品を独自のルートがある東南アジアなどの新興国に輸出することで、エコ回収(無料、または買取)を実現しましたた。

エコ回収された商品がリユースされるまでの流れです。
_
不用になったお品物をお客様が直接窓口へお持ち頂くか、宅配にて受付します
各地域の海外輸出ステーションでは、お客様から受付けたお品物に対して無料回収か買取品か回収対象外かのお品物の選別を行います。
お客様からの商品の選別が終了しましたら、買取品があれば買取価格をその場でお支払いします。
東南アジアへ輸出:チェックの済んだお品物はフィリピンやカンボジアなど新興国へ船便で輸出されます。
エコ回収された商品が海外のリサイクルショップやオークションなどで販売され現地の人々の手に渡ります。
売上の一部は社会貢献として寄付されます。
リユース
日本から東南アジアへ輸出された物は現地のオークション会場やリサイクルショップで販売されます。
特にフィリピンの拠点となるオークション会場は100平米ほどの広さで月間20以上のコンテナが販売可能なフィリピンでも屈指の大型オークション会場となっています。そして特徴的なのは同オークション会場は中間層から富裕層の一般顧客も多くバイヤーだけでは実現しないエンドユーザー価格での販売も実現しています。「良い商品をいかに高く売れるか」を徹底して追及する事でフィリピンにおける他のオークションと比べても商品単価を上げることに成功しています。
各地域にある海外輸出ステーションへお気軽にお持ちください。
お問い合わせ、お見積依頼は直接各店舗まで!!
メールでのお問い合せ
メールでのお見積依頼